京表具 藤田月霞堂のホームページを御覧いただきありがとうございます。

京表具 藤田月霞堂

当店は昭和11年に創業、京都の西陣で古くから代々表具師として店を構え、歴史のある京都で培われた伝統と技術を引継ぎ、確かな知識と技術で掛軸(掛け軸)・額装・屏風・襖・衝立・巻物等の表具・表装の御仕立て、また、それらの表具・表装のしみ・カビ・汚れ・痛み・折れ・破れ等の修復・修理を行っております。

【京表具 藤田月霞堂】は京都で磨かれた確かな技術や伝統・感性を引継ぎ、日本の伝統技術である京表具を未来へと伝え残していきます。

また、その伝統技術でお客様の大切な掛軸や額・屏風・襖・衝立等の表具・表装を守り、後世へと残していくお手伝いをさせていただきます。

京都で表具屋・表具店をお探しでしたら、京都西陣『京表具 藤田月霞堂』へご依頼ください。

裏打ち作業の様子

京表具とは

『 京表具 』それは歴史と伝統の町、京都で培われた確かな技術と研ぎ澄まされた感性、良質な材料が織り成す美しい伝統技術です。

千二百余年前、京都が都として日本の政治・文化の中心として栄えた平安京の時代、京都には全国からさまざまなものが自然と集まりました。たくさんの美術品・工芸品や職人達もまた同じく京都に集まり、その後の長く豊かな文化や長い歴史の中でその技術や感性、材料の質が磨かれてきました。

そして、それらの磨き抜かれた技術や感性から作り出される京都の表具・表装はいつしか、『京表具』と呼ばれる様になりました。

宇陀紙

京表具の素晴らしさ

独特の美意識で作品の持ち味を引き立たせた京表具は、日本を代表する洗練された表具です。京表具は、芸術や宗教が盛んな京都を中心に発展してきました。

西陣織の表装用裂地

表具は、仏教と共に中国から伝来しています。経巻を仕立てる事から始まり、次第に礼拝用として仏画像が製作されるようになります。

それが、現在の掛軸・軸装の基となりました。床の間が生まれ、絵画が普及するようになると、美術品や書画の内容に合わせた表装が施されるようになります。政治・文化の中心であった京都の歴史的な移り変わりによって、京表具は発達してきたのです。

Facebook & Blog

当店からのお知らせや仕事に関する事、その他ちょっとした情報や日々の些細な事などを書いております。

Blog

ブログ ロゴ ブログでは主に修行中の職人が日々の作業で感じた事や日常の話を書いております。

【京表具】を愉しむ

掛軸や額装・屏風・襖等の京表具に関する基本的な情報です。
表具・表装にあまり親しんでおられない方もこちらを御覧いただき、是非、京表具を美術鑑賞としてや、生活の一部として愉しんでみて下さい。