京表具 藤田月霞堂 公式ブログ

こんにちは!
後藤悠斗です(^^ゞ

今日は最近行った本紙の修理について書きたいと思います。

まず最初に年数が経って修理が必要な本紙に裏打ちされた古い和紙を「総裏」→「中裏」→「肌裏」の順番で一枚一枚丁寧に剥がしていきます!こうして最終的には本紙一枚だけにし、その後新しい紙で肌裏打ちをしていきます!

image

そして次に行うのが補修「折れ伏せ」という作業です。
どうしても年数が経ってきますと本紙にひびや折れが出てきてしまうのでそのひびや折れに沿って一枚ずつ細い和紙をはっていきます。
本紙に穴が空いているものは、その本紙の紙質と同質の和紙を植物から抽出した自然由来の染料を用いて本紙に近い色に染めた和紙を穴にぴったりと合わせて喰い裂いて埋めていきます。
後は新しい掛け軸と同じで「付け廻し」を行い、「中裏打ち」→「総裏打ち」と裏打ちを行い仕上げをして完成という形になります。

次回は「付け廻し」について書きたいと思います!できたらそちらの方もチェック宜しくお願いいたしますm(__)m

コメント

コメントする