京表具 藤田月霞堂 公式ブログ

こんにちわ、五代目です。

さてさて。去る12月6日・7日に今年二回目となる京都橘大学での表具・表装の実習を行なってきました。
すでに二週間以上が経ってしまいましたが(笑)その時の様子を書きたいと思います。

と、その前に。
前回の実習は一回生でしたが、今回は二回生。
前回と同様に実習で作成した表装の写真を皆様に送っていただき、「1週間以内にブログにアップします!」と言ったのに、大変遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
と、この場をお借りしてお詫び申し上げます。(笑)

でわでわ早速
IMG_3889_R

【実習開始前の様子】
『6日』
IMG_3890_R

『7日』
IMG_3919_R

前回と同じですが、この実習で学んでいただく事の説明を。
「この実習では、表具・表装の一番基本となる技術である【裏打ち】(和紙に糊を塗って、対象となる本紙(絵や書等の作品)や裂地等の裏に和紙を貼り合わせる作業)と、本紙(作品)の廻りにさまざまな色柄裂地を付け合せて本紙(作品)を飾っていく【付け廻し】という技術を実際に行なってもらい学んでいただきました。」

【作業中の様子】
『裏打ち用の和紙を切っているところ』
IMG_3891_R
IMG_3923_R

『糊を水で薄める』
塊が出来ない様に水を少しずつ入れながらしっかりこねていきます。
IMG_3892_R

「ぎぇぇぇぇ~っっ!!」と叫びながら気合を入れて練る方も!
IMG_3893_R

『裏打ち作業中』
糊も均一に、出来るだけ薄く!これが結構難しい…
IMG_3895_R
IMG_3924_R
IMG_3925_R

目標物に歪まないようにピッタリ…難しいっ!
IMG_3926_R

二人で協力してやれば簡単ですね。!
IMG_3896_R
IMG_3897_R

『実習中の様子』
今回も皆さん真剣な顔付きで一生懸命作業されていました。
『6日の様子』
IMG_3915_R

『7日の様子』
IMG_3923_R

恒例のバーゲンセール!
ではなく、表装に使用する裂地選びです(笑)
IMG_3914_R

やっぱりこの時間が一番楽しそうです(笑)
IMG_3927_R

『付け廻し』
思い思いの裂地を作品の回りに取り付けていきます。
IMG_3932_R
IMG_3933_R

7日は当店の後藤悠斗も講師として来ました。
IMG_3934_R

『総裏の裏打ち』
付け廻しが出来たら最後にもう一度全体に裏打ちを行います。
IMG_3916_R
IMG_3935_R

通常なら数日~数週間かけてしっかり乾燥させますが、一日で作業を終えなければいけないので、今回も太陽光・エアコン・ドライヤー総動員で強制乾燥させます!
IMG_3912_R
IMG_3936_R

半日、ほとんど立ちっぱなしの実習、お疲れ様でした!
1日目の準備・2日目の片付けもしっかり手伝っていただきとても助かりました!
今回の実習で得た知識を今後の授業や人生に少しでも役立てていただければと思います!

それでは最後に、皆さんに贈っていただいた作品集を御覧下さい♪
(画像をクリックで大きな画像が見られます)
5000

5001

コメント

コメントする