京表具 藤田月霞堂 公式ブログ

こんにちは!
後藤悠斗です(^_^ゞ
最近はお仕事で凄く沢山の掛軸に
出会いました!
小さい物から大きい物合わせて百以上の掛軸があり凄く勉強になりました!
今その掛軸の種類(形式)を勉強させてもらっています!
掛軸の中には「真(しん)、行(ぎょう)、草(そう)」という仕立ての種類(形式)があり、
「真」は仏表装、「行」は三段表装(大和表装)、「草」は茶掛表装となっています!
真・行・草
ほんとはもっと沢山種類があるのですが今回はその一部だけの紹介とさせていただいてます!
なかなか難しく自分もまだ分からないことだらけですが今後もこのように少しずつ掛軸のことを書いて沢山人に掛軸のことをしってもらいたいですm(__)m
【追加】
どうも、五代目です。
後藤が説明した「真・行・草」には、さらに細かく種類が分かれており、
「真」の中にも「真・行・草」があり、「行」の中にも「真・行・草」がありと分類されております。
(例)「真の真」や、「行の草」等々…
その辺の詳細は後日、後藤が画像付きで詳しく説明しますのでお楽しみに!

カテゴリー

こんにちは!
後藤悠斗です(^_^ゞ
最近はお仕事で凄く沢山の掛軸に
出会いました!
小さい物から大きい物合わせて百以上の掛軸があり凄く勉強になりました!
今その掛軸の種類(形式)を勉強させてもらっています!
掛軸の中には「真(しん)、行(ぎょう)、草(そう)」という仕立ての種類(形式)があり、
「真」は仏表装、「行」は三段表装(大和表装)、「草」は茶掛表装となっています!
真・行・草
ほんとはもっと沢山種類があるのですが今回はその一部だけの紹介とさせていただいてます!
なかなか難しく自分もまだ分からないことだらけですが今後もこのように少しずつ掛軸のことを書いて沢山人に掛軸のことをしってもらいたいですm(__)m
【追加】
どうも、五代目です。
後藤が説明した「真・行・草」には、さらに細かく種類が分かれており、
「真」の中にも「真・行・草」があり、「行」の中にも「真・行・草」がありと分類されております。
(例)「真の真」や、「行の草」等々…
その辺の詳細は後日、後藤が画像付きで詳しく説明しますのでお楽しみに!

カテゴリー

こんにちは!
後藤悠斗です(^_^ゞ
最近はお仕事で凄く沢山の掛軸に
出会いました!
小さい物から大きい物合わせて百以上の掛軸があり凄く勉強になりました!
今その掛軸の種類(形式)を勉強させてもらっています!
掛軸の中には「真(しん)、行(ぎょう)、草(そう)」という仕立ての種類(形式)があり、
「真」は仏表装、「行」は三段表装(大和表装)、「草」は茶掛表装となっています!
真・行・草
ほんとはもっと沢山種類があるのですが今回はその一部だけの紹介とさせていただいてます!
なかなか難しく自分もまだ分からないことだらけですが今後もこのように少しずつ掛軸のことを書いて沢山人に掛軸のことをしってもらいたいですm(__)m
【追加】
どうも、五代目です。
後藤が説明した「真・行・草」には、さらに細かく種類が分かれており、
「真」の中にも「真・行・草」があり、「行」の中にも「真・行・草」がありと分類されております。
(例)「真の真」や、「行の草」等々…
その辺の詳細は後日、後藤が画像付きで詳しく説明しますのでお楽しみに!

カテゴリー

こんにちは!
後藤悠斗です(^_^ゞ
最近はお仕事で凄く沢山の掛軸に
出会いました!
小さい物から大きい物合わせて百以上の掛軸があり凄く勉強になりました!
今その掛軸の種類(形式)を勉強させてもらっています!
掛軸の中には「真(しん)、行(ぎょう)、草(そう)」という仕立ての種類(形式)があり、
「真」は仏表装、「行」は三段表装(大和表装)、「草」は茶掛表装となっています!
真・行・草
ほんとはもっと沢山種類があるのですが今回はその一部だけの紹介とさせていただいてます!
なかなか難しく自分もまだ分からないことだらけですが今後もこのように少しずつ掛軸のことを書いて沢山人に掛軸のことをしってもらいたいですm(__)m
【追加】
どうも、五代目です。
後藤が説明した「真・行・草」には、さらに細かく種類が分かれており、
「真」の中にも「真・行・草」があり、「行」の中にも「真・行・草」がありと分類されております。
(例)「真の真」や、「行の草」等々…
その辺の詳細は後日、後藤が画像付きで詳しく説明しますのでお楽しみに!

カテゴリー

こんにちは!
後藤悠斗です(^_^ゞ
最近はお仕事で凄く沢山の掛軸に
出会いました!
小さい物から大きい物合わせて百以上の掛軸があり凄く勉強になりました!
今その掛軸の種類(形式)を勉強させてもらっています!
掛軸の中には「真(しん)、行(ぎょう)、草(そう)」という仕立ての種類(形式)があり、
「真」は仏表装、「行」は三段表装(大和表装)、「草」は茶掛表装となっています!
真・行・草
ほんとはもっと沢山種類があるのですが今回はその一部だけの紹介とさせていただいてます!
なかなか難しく自分もまだ分からないことだらけですが今後もこのように少しずつ掛軸のことを書いて沢山人に掛軸のことをしってもらいたいですm(__)m
【追加】
どうも、五代目です。
後藤が説明した「真・行・草」には、さらに細かく種類が分かれており、
「真」の中にも「真・行・草」があり、「行」の中にも「真・行・草」がありと分類されております。
(例)「真の真」や、「行の草」等々…
その辺の詳細は後日、後藤が画像付きで詳しく説明しますのでお楽しみに!

« この次の記事この前の記事 »